GOSICK - ゴシック その5

ここでは、GOSICK - ゴシック その5 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトアニアでの修道院から始まる今回のお話。

もっとも、1914年のお話なので、第一次世界大戦の真っただ中、なのですが。

空襲を受けて、たくさんの人たちが死ぬ中で、突如現れるマリア様。

どういう仕掛けなのかはわかりませんが、あれによって、ドイツ軍の飛行機がたくさん落下したようです。

そして、ソヴュール王国。

いつものように、一弥くんがヴィクトリカを塔まで迎えに行くと、姿が見えないという。

どこを探しても、まったく姿が見えないという状態。

セシル先生によると、兄のグレヴィール警部に連れられて行ったのだと。

なんでも、リトアニアの修道院・ベルゼブブの頭蓋に連れて行かれたということでした。

さっそく連れ戻しに向かう一弥くん。

ただ、このベルゼブブの頭蓋、かなりいわくつきの建物のようですね。

ベルゼブブという言葉自体、ハエの王という意味ですし。

途中の列車の中では、あのブライアン・ロスコーを見かけましたし。

実際に中に入って楽しんでいると、急にヴィクトリカの姿が!

急いで追いかけて見つけたのは、あの監禁部屋。

なぜかは知りませんが、布で覆いかぶされているヴィクトリカでありました(^_^;)

言い訳をするなっ!

と言ったときのヴィクトリカは、とってもキュートだったわけですけど・・・・・

先ほど見かけたヴィクトリカは、実はヴィクトリカではなく。

母親の、コルデリア・ギャロ、なのでした!

まあ、ブライアン・ロスコーがやって来ているわけなので。

コルデリアも一緒なのは、ある意味納得です。

さて、このベルゼブブの頭蓋。

ブライアンがわざわざ何度も足を運ぶぐらいですからね。

一体どんな仕掛けがあるのか、かなり気になっているところです。

GOSICK B2タペストリー 髪掻き揚げ
GOSICK B2タペストリー 髪掻き揚げ
キャラアニ 2011-06-21
売り上げランキング : 3085

Amazonで詳しく見る
GOSICK B2タペストリー 膝抱え 涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫) エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 霧谷 希 ねんどろいど 黒猫 (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) Angel Beats! 天使  (1/8スケールPVC製塗装済み完成品)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。