そふてにっ その6

ここでは、そふてにっ その6 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習試合なのに、最初から白熱している、琴音&澄乃のふたり。

澄乃ちゃんのほうは自身があるからいいのですが、琴音ちゃんのほうは、単なる強がりなんですけどね(^_^;)

実際、”赤とんぼの首をひねるように”、簡単に点を取られてしまいましたし。

今まではゆとり(?)っぽい展開でしたけど、今回のお話はかなりまともなテニスアニメになっていることには驚きですw

それにしても、かなり苦戦していますね。

まあ、今までがギャグみたいな展開だったわけなので、この実力差は仕方がない、といったところでしょうか(^_^;)

明日菜ちゃんには、「身も心も女豹になるために」全力で走ること。

琴音ちゃんには

頭で考えるな、本能で行動しろ

という指示が。

これって、ジャッキー・チェンの名言、ですよね。

「くどいようですが、ソフトテニスにウインブルドンはありません」という表示があって。

ソフトトニス部のみんなだけでなく、先生までもチアリーディングという・・・!

これはもう、負けられない試合になってきましたね(^_^)

盛り返してきたところで、あの至近距離スマッシュ。

あれはルール上は問題なしですが、謝るのが礼儀、でしょう。

さすがは、不可能を可能にする女、琴音ちゃん。

みっしーからも、よくやったとばかりにグーサインでした(^_^)

BGが情熱大陸で盛り上がってきたところで、選手交代。

今度は、千歳さんと来栖ちゃんのペア。

千歳さんのほうは、気合入りまくりなのはいいんですけど・・・・・

額のあの”殺”という文字が、ちがう意味に思えてしまうところ。

具体的には

やる気=殺る気

みたいな感じ、ですかね(^_^;)

そして、あの謎の女の子。

見た感じ、新キャラなのかと思えるのですが・・・・・

実はこの女の子、あの玲緒くんなのでした!

琴音ちゃんはわからなかったようですけど、明日菜ちゃんのほうは、すぐにわかったみたいですねw

それにしても、玲緒くんにあんな女装癖があったなんて・・・!

人は見かけによらず、とはこのことでしょうw

女装してきたのは、白玉中のベンチに入れてもらうため、なのですが。

何とか入れてもらえたお礼に、あのマッサージを。

いや、あのマッサージ、気持ち良すぎて逆に疲れてしまいそうなんですが(^_^;)

そして、後半戦。

さっそく、規格外のラケットを投入している千歳さんであります(^_^;)

明らかに反則、ですよねw

ただしそれは、赤玉中も同じこと。

あづさちゃんのサーブは、”七色のあれ”。

早い話が、ボールが7つに分裂するサーブ、だったわけですが。

見事に全部打ち返す来栖ちゃん。

「全部打ち返せばいいだけの話」と言うところが、本物の規格外、といったところでしょうかw

まさに、『テニスの王子様』みたいなセリフでしたw

でも、そのあとの、千歳さんの”死亡確認”。

まったくもって、使えない部長さんですよね(^_^;)

第三試合は、玲緒&エリザベスのペア。

明日菜ちゃんによるお化粧も済ませて。

何とかボールに触れたものの、女装解除という(^_^;)

みんな「うわあ・・・・・」

っていう感じですかね(^_^;)

みゆきちさん、ナイスですw

結局、ストレート負けではあったものの。

今回の試合で、少し成長できた白玉中のみんなであります(^_^)

ただ・・・・・

玲緒くんだけは、ダッシュで帰らないといけないという状況に(^_^;)

これはこれで修行のうち、ってことなんでしょう、きっとw

で、最後はやはり、花子でシメ。

どんなお話になろうと

安定の花子

ということなのでしょうねw

そふてにっ もふもふミニタオル キービジュアル柄
そふてにっ もふもふミニタオル キービジュアル柄
エーシージー 2011-06-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。