逆境無頼カイジ 破戒録篇 その6

ここでは、逆境無頼カイジ 破戒録篇 その6 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幾度となく陰湿ないじめを受けるも

耐える、耐える、耐える!

という感じで、力の入った立木さんのナレーションで盛り上がっている『カイジ』。

そしてついに、熱風の到来。

まずは、カイジ一人で。

2万ペリカで大勝負に出ようとしても、大槻の取り巻きはパス。

カイジの思った通り、あのイカサマは本当だったようですね。

外野がえらくうるさいのですが、とりあえずスルー。

でも、あっさり負けてしまいましたね(^_^;)

あの魔貫光殺法みたいな構えは、いったい何だったのでしょうかw

ただ、大槻の「はした金で勝負するから負ける」という発言。

いや・・・あんたたちもビビって、小さな金額しか賭けていなかったでしょ(^_^;)

カイジ、どうする・・・!?

という立木さんのナレーションが再びこだまする中。

今度賭けるのは、1000ペリカ。

賭ける金額のあまりの小ささに、周囲からはブーイングが。

でも、カイジはまったく動じず。

まあ、勝ちはしたものの、場の空気は一気に冷めてしまいましたけどね(^_^;)

いったい、何を考えているのか、まったくわからないという状態。

が、しかし・・・!

これはすべて、カイジの作戦どおり。

最初は大きく負けて、次は少し勝つ。

こうして油断させておいて、最後はものすごく大きく勝つ、と。

こういう作戦のようですね(^_^)

それを実現するかのように、さっそく5万2000ペリカを!

そして、全員集合。

カイジの合図で、ついに動き出す45組。

合計、50万7000ペリカを賭ける45組であります(^_^)

この巨大な賭け金に、さすがの大槻も冷や汗まみれといったところですね。

ざわ・・・ざわ・・・

はもちろんのこと。

立木さんも

MAX!MAX!MAX!!!

という感じで、かなり盛り上げてくれておりましたw

次回、有り金をすべて賭けた大勝負に、本当に勝てるのでしょうか?

手に汗握る展開に期待しております(^_^)

賭博破戒録カイジ 地獄チンチロ(1) 地下強制労働編 アンコール刊行!! (プラチナコミックス)
賭博破戒録カイジ 地獄チンチロ(1) 地下強制労働編 アンコール刊行!! (プラチナコミックス)
福本 伸行

関連商品
賭博破戒録カイジ 人喰いパチンコ(1) 1000倍台“沼”編 アンコール刊行!! (プラチナコミックス)
賭博破戒録カイジ 人喰いパチンコ(2) 銀玉無間地獄編 アンコール刊行!! (プラチナコミックス)
ぱすてる(28) (少年マガジンコミックス)
銀と金 (3) (双葉文庫―名作シリーズ (ふ-15-3))
銀と金 (2) (双葉文庫―名作シリーズ)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。