デッドマン・ワンダーランド その10

ここでは、デッドマン・ワンダーランド その10 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなりシロが登場して、データチップを投げて爆発して。

もしかして、データチップは実は、爆発物だったとか?

そういう疑問とはお構いなしに、ガンタくんはシロを殴るという・・・!

女の子を殴っちゃいけないんだぞ、と言いたいところですけども。

今のガンタくんでは、そんな言い分は聞く耳を持たないという状態ですよね(^_^;)

結局、見事に計画失敗。

けれど、唐子さんに言わせると、まだ終わっていない、と。

視察団が帰っていないので、まだ打つ手はある、と。

視察団の前で罪の枝を使ってみせれば、それだけで証拠になる、と。

なるほど。

データチップがなくても、確かにこれだけで証拠となりえますよね♪

ただ・・・・・

玉木と一緒にいた、あの使節団の人間。

どうやら防衛相の役人、みたいでしたが。

会話の内容からは、”ネームレスワーム”のことが・・・!

ということは、仮に使節団にデッドマン・ワンダーランドの真実を伝えても、もみ消されるだけ、ということに(^_^;)

ある意味、シロががんばってくれた、ということです。

そしてそれは、六路の「どうしてデータチップが爆弾だと気づいたっ!?」というセリフからも、やはりといったところ。

あの爆弾で、まとめて殺そうとしていたみたいですね。

ちなみに、ガンタくんを陥れていた、あの動画も、六路が作成した、と。

で、凪を本気にさせるための生贄に選ばれたのは、ガンタくん。

まあ、自業自得っぽい感じではありますけど。

福山さんって、イカレたキャラの声がとってもよく似合っているから不思議ですw

熊に育てられて、猟師7人と猟犬9匹を殺害した、モーズリ・我槌。

大勢の女性を殺害して、その髪の毛と顔の皮膚で衣服を作っていた、品川童黒(しながわどうこく)。

このふたりが、ガンタくんを血祭りに上げようとしていた、まさにそのとき。

不意打ちで、千地が登場♪

千地さん、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ってところです(^_^)

このふたりが意外と弱かったのか?

それとも、千地が強かったのか?

どちらなのかはわかりませんけど。

とりあえず、血祭りになるのだけは避けられたみたいです(^_^)

ただし、墓守(アンダーテイカー)には、罪の枝は効果なし、なはずなんですが・・・・・

あの新しい必殺技・虚空一閃(インビジブル・ブラック)。

ソニックブームの状態でクロウ・クロウを繰り出すと、効果はあるようですね。

それにしても、

千地さん、つえええええええっ!

って感じでしたがw

こんなに強いので、仲間になってほしいところなんですが。

千地としては、「やなこった」と。

「弱いなら牙、見せんな」と。

まあ、予想はできていたことですけども(^_^;)

一方で、凪のほうが気になるところ。

アンダーテイカーに拘束されて、妙な薬も打たれているわけですし。

それと、凪が見ていたあの光景って、本当に凪がやったことなのでしょうか?

いつもは穏やかに見えて、実は凪も共謀な性格をしている、とか?

どうもそんな気がしてなりません。

デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)
デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)
近藤 一馬 片岡 人生

関連商品
デッドマン・ワンダーランド (6) (角川コミックス・エース 138-13)
デッドマン・ワンダーランド (4) (角川コミックス・エース 138-11)
デッドマン・ワンダーランド (7) (角川コミックス・エース 138-14)
デッドマン・ワンダーランド (8) (角川コミックス・エース 138-15)
デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/02(金) 17:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。