神様ドォルズ その1

ここでは、神様ドォルズ その1 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オマエノココロノキオク、、、

ウズマクドロドロ、ゾウオ、シュウチャク、、、

ソノスベテ、、、


という、すべてカタカナでよくわからない文字から始まって。

『エヴァンゲリオン』っぽい感じの始まり方でしたよね。

オープニング曲のほうは、『ぼくらの』みたいな感じ。

第一印象は、そんな感じでした。

で、本編。

今度は、大学の飲み会ですね。

匡平くんとしては、日々乃ちゃんのことが好き。

それで今回、アタックさせられることに。

それにしても、日々乃ちゃんの胸、大きすぎ(^_^;)

その大きな胸が原因なのかはわかりませんけど、アタックは大失敗(^_^;)

それで、ヤケになって歌っていると、あの回想シーン。

東京の大学に行きたいのではなくて、故郷から離れたい。

そういうことのようですね。

そして目覚めると、日々乃ちゃんの膝の上!

かわいい女の子が膝枕という、男の子にとっては何ともうれしい状況ですが・・・・・

すぐその後で、あの惨劇という(^_^;)

この作品、いきなりすぎじゃないですかね(^_^;)

和服の男性が死んでいて、すぐ近くに日本刀が落ちているという光景。

歌舞伎町って、こんなに怖いところだったんですねw

実際にあんな光景を目撃したら、まちがいなく戻してしまうところ。

でも、匡平くんはまったく逆で、落ち着いていましたよね。

そして、あのザク。

どう見てもザクにしか見えないものが頭に入って来たかと思えば、今度は妹ちゃんが登場。

コケシみたいなモビルスーツを操る詩緒(うたお)ちゃん。

調べてみると、あのコケシみたいなのは、案山子・玖吼理(ククリ)らしいです。

物体を通過できる能力からして、どうやらただのコケシ(ロボ?)ではないようですが。

それにこれは、空守村の絶対秘密事項、らしいですw

それよりも、今回詩緒ちゃんがやって来たのは、阿幾が脱走したことを伝えるため。

阿幾は、匡平くんの幼なじみ。

過去にある事件を起こして、空守村の座敷牢に閉じ込められていたわけですが・・・・・

匡平くんが村を出たと知って、自分も東京にやって来た、という。

そんなことを話していると、向こうからやって来ております(^_^;)

二本の鎌を持つ案山子・暗密刀(クラミツハ)。

ということは、さっきのあの惨殺死体は、阿幾の仕業・・・?

とか考えていると、騒ぎを聞きつけて、大家さんがやって来ていますね(^_^;)

そして、詩緒ちゃんが放り投げられてしまうという・・・!

まあ、何とか助かったんですけど、あのビーム。

さすがにあれは、カンベンしてほしいところです(^_^;)

敷金が返ってこないどころか、大家さん涙目、ですねw

というより、あの回収班みたいな人たちって、どう見ても『ひぐらし』の山犬部隊、なんですけど(^_^;)

死体(?)を回収しているあたり、まさに”オヤシロサマの祟り”そのもの(^_^;)

それだけ、村の最重要機密事項、というわけなんですね。

でも、とりあえずは、日々乃ちゃんのおうちに厄介になることができて、よかったのではないでしょうかw

詩緒ちゃんのジェラシーで、日々乃ちゃんが驚いたものの。

これから上手くやっていけそうな感じです(^_^)

ただ・・・・・

山犬部隊のトラックが横転していたことから、阿幾は死んではいないようです(^_^;)

これから、惨劇が起きてしまいそうな。

どうもそんな気がしているところです。

不完全燃焼/スイッチが入ったら
不完全燃焼/スイッチが入ったら
石川智晶

関連商品
TVアニメーション「セイクリッドセブン」オープニングテーマ「stone cold」
TVアニメーション「セイクリッドセブン」エンディングテーマ「輝跡ーkiseki-」
TVアニメ「いつか天魔の黒ウサギ」エンディングテーマ「空蝉」
純潔パラドックス
mirror☆ge[ミラージュ]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。