R-15 その1

ここでは、R-15 その1 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『R-15』というタイトルからして、そういう内容の作品なんだろうな、とは思っていたのだけど。

やはり、官能小説な展開のスタートという(^_^;)

ところどころに、白いモザイクがかかってはいたものの。

喘ぎ声がとってもHだと感じた(^_^;)

そういう意味で、『ヨスガノソラ』と同類のアニメ、と言えるだろうw

「R-18のほうがいいんじゃないの?」という声が聞こえてきそうなほど。

ただ、声優さんは新人ばっかりという状態(^_^;)

知らない声優さんのことをよく知るいい機会だとは思うんだけどねw

クラスが『バカテス』っぽくて、けっこう笑ってしまったw

それにしても、あの学園長。

『カイジ』に出てくる帝愛グループのトップ・兵藤にかなり似ていたので、こちらも爆笑だったw

で、丈途くんが官能小説家を目指しているのが、そもそものまちがい。

そのおかげで、登場人物みんながエロスに見えてしまうという(^_^;)

ホモはまだかわいいほうで、過激なシーンを押さえるために、あえて白い光でガードする方法を採用。

偶然にも光でさえぎられたのかどうかは不明だが、これはブルーレイを買わせるための誘惑(?)ではないだろうか(^_^;)

そして、あの部長。

新聞同好会の部長らしいのだが、本名はまったくの不明だそうな(^_^;)

まあ、あの巨乳というナイスバディで、男を悩殺したいらしいw

もっとも、この人は確かにエロなんだけど、この人だけがエロいというわけではなく。

丈途くんの妄想だったり、女の子たちがエロだったりするのもあるので。

ただ、エロスなシーンが出てくるたびに、あの白い光のようなものでさえぎられることになる様子。

エヴァや仕事人のネタが飛び出してきて。

何が何やら、まったく理解不能だったこのアニメ。

わたしとしては、継続視聴するかどうか、かなり迷っているところ(^_^;)

キャラデザはいいんだけど、あまりにもあからさまにエロスを持ち出されても、ねえ・・・(^_^;)

R-15 Blu-ray 第1巻 初回限定生産版 『吹音とふにふにセット』
R-15 Blu-ray 第1巻 初回限定生産版 『吹音とふにふにセット』
角川書店 2011-09-30
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。