神様ドォルズ その5

ここでは、神様ドォルズ その5 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶんとヒドい言い草だね、お兄ちゃん・・・・・

という感じで、いきなり登場した桐生(キリオ)。

裏側を見た気がして、けっこうな黒さだったわけだけど。

詩緒ちゃんの「ここもはなれろっ!」というセリフには、少しだけ笑ってしまったw

最重要機密事項なのに、大通りでガチの対決。

こうなってくると、もはや秘密でもなんでもなくなってくるわな(^_^;)

しかも、戦うにしても、圧倒的にスペックがちがいすぎるという状況。

耳(?)の片一方を壊されて、もうダメだと思っていたら。

何だかよくわかんないうちに、逆にタケミカヅチを破壊してしまっていた、という。

あれはたぶん、勾司朗がやったんだろうけどねw

で、ククリは実は、木製だったことが判明!

木でできているのに、あんなに頑丈になるもんだな、と思ったw

たとえ最強の木材を使っているとしても、火で簡単に燃えてしまうわけで(^_^;)

というか、超電磁砲を食らっても燃えないというすばらしさw

まあ、それはどうでもいいんだけども。

木製なら、あの包帯はいらないでしょ(^_^;)

もしかして、中に誰か入っているとか・・・?

まだまだ謎はありそうであるw

ただ、壊れてしまったことだけは確かなので。

仕方なく、故郷の空守村まで修理に戻ることに。

けっこうな山道な上に、日々乃ちゃんはペーパードライバーという(^_^;)

それと、あのおじいさん。

外見も怖いけど、しつけ方も怖かった(^_^;)

鬼畜おじいさん、という感じではないだろうか(^_^;)

しかも、何か秘密を抱えているようだし・・・。

桐生と詩緒ちゃんが双子だったことが判明したのはいいものの。

やはりこの空守村、いろいろと謎が多いようである。

神様ドォルズ-隻・詩緒 (サンデーGXコミックス 10YEAR’S CHRONICLE)
神様ドォルズ-隻・詩緒 (サンデーGXコミックス 10YEAR’S CHRONICLE)
やまむら はじめ

関連商品
神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)
神様ドォルズ 8 (サンデーGXコミックス)
神様ドォルズ 7 (サンデーGXコミックス)
神様ドォルズ 6 (サンデーGXコミックス)
天にひびき 4巻 (ヤングキングコミックス)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。