Steins;Gate(シュタインズゲート) その20

ここでは、Steins;Gate(シュタインズゲート) その20 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コインロッカーの中に、IBN5100があると伝える萌郁。

これを取り戻せば何とかなる、と思っていると・・・・・

鉄パイプでロッカーを破壊しようとしているオカリン!

いや、鉄パイプというより、バールのようなもの、と言ったほうが正しいのだろうか?

ただ、助手の言い分は、元の世界線に戻せない限り、いくらIBN5100を手に入れても元には戻らない、と。

ならば、解決策はただ一つ。

IBN5100を見張ること。

見張っていると、”FB”がそのうち飛びついてくるはず。

そういう作戦になったわけなんだけども。

なぜか、萌郁まで一緒に見張っているという(^_^;)

ただし、あの微妙な距離感は、いったい何なんだろう・・・(^_^;)

そして、ずっと待っていると、

M4の判断は正しかったと思っているわ

というメールが。

ちなみに、”M4”というのは、萌郁のこと。

”FB”と萌郁との間のコードネーム、らしい。

それにしても、メールの文面からして、”FB”って女性?

とか思ったけれど、ネカマっていう可能性もあるわけなので。

これだけでは、性別はよくわからず。

でも、持って行った人物を追いかけて、最終的にたどり着いたのが、なんと!

ミスター・ブラウンなのであった!

さっそく、本人に当たってみることに。

というか、オカリン、直球すぎ(^_^;)

すると・・・・・

裏切ったな、M4

と。

”FB”と萌郁しか知らないコードネームを知っているということは、つまり、そういうこと。

FB=ミスター・ブラウン、ということなのであった。

ちなみに、FBというのは、フェルディナンド・ブラウンの略。

ブラウン管を発明し、ノーベル物理学賞を受賞した人物。

ミスター・ブラウンって、女だったの!?

というボケはなしにして。

あの女性らしいメールは、実はネカマを気取っていたミスター・ブラウンなのであった。

コンクリの中で生活していて、凍え死にしそうになったとき。

一本の糸が垂れ下がっていた、と。

たとえ行き着いた先で、この手を汚すことになっても。

この場合、糸を頼って上るしかない、と。

そうやって糸を昇って、気が付いたら操り人形。

というか、いったいどこの国のお話なんだろうかね(^_^;)

わたしとしては、まるで『カイジ』にしか思えなかったw

そして・・・・・

萌郁を射殺!

裏切り者には死を。

それがSERNの掟というものらしい。

そして、ミスター・ブラウンも・・・!

Dメールで、萌郁が死ぬのは何とか切り抜けられたけれども。

最初のDメールを送る前までさかのぼってしまうと、今度は助手が死ぬことに!

なるほど。

第1話の、助手の血まみれの死体は、そういうことだったのか。

ということは、必ず誰かが死ぬことになってしまうわけで・・・。

もうどうすることもできない、ということなのだろうか・・・?

シュタインズ・ゲート A3クリアデスクマット 集合
シュタインズ・ゲート A3クリアデスクマット 集合

関連商品
シュタインズ・ゲート A3クリアデスクマット 水着
STEINS;GATE 亡環のリベリオン(3) 限定版(小冊子付) (BLADE COMICS)
STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse (角川スニーカー文庫)
シュタインズゲート ねんどろいど 椎名まゆり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
しゅたいんず・げーと! (MFコミックス アライブシリーズ)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。