花咲くいろは その21

ここでは、花咲くいろは その21 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「業務日誌NO.79」と書かれたノート。

これがどんな意味を持つのか、まだよくわからないまま、今回のお話。

にしても、サブタイトルが

蘇る、死ね

というのは、正直どうかと思ってしまったんだけど(^_^;)

何より、若旦那が結婚したことに驚いてしまった。

しかも、その相手というのが、あのなんちゃって経営コンサルタントという・・・!

このおバカコンビ、どうなるのか、まったく見当もつかないのだけれど。

とりあえずは

えにしだからエニシング

ってことで、OK?

いちおう、みんな喜んでくれているようだけど・・・・・

女将さんだけは、まだ納得してはいない様子(^_^;)

「お母様」と呼ばれることを嫌っていたり。

「条件として結婚式を挙げること」と言って来たり。

けっこうな昼ドラであります(^_^;)

気になるのは、結婚式の費用なんだけど。

普通にやっていたら、130万円はかかってしまうところを、喜翠荘で挙げればそんなにかからないはず。

さすがはまめじい、頭いいっ♪

徹さんが式を仕切らせてもらえて、みんちもうれしそうだったよね(^_^)

もっとも、酢味噌でLOVEって書くのは、わたしはどうかと思っちゃったけどね(^_^;)

途中、子どもは5人欲しいとか。

ラブホテルに行きそうになったりだとか。

ちょっぴりカンチガイもあったけれど、みんちが元気になってくれてよかったと思う(^_^)

ただ・・・・・

あの時点で緒花ちゃんの話題を出したのは、かなりマズかったかと(^_^;)

徹さん、女心がまったくわかってないよね・・・(^_^;)

一方、次郎丸さん。

「愛にお金がナンセンス」とかっこつけたのはいいものの。

緒花ちゃんにあっさり「そんなことは、宿代を払い終わってからにしましょうよ」と返されるという(^_^;)

はい、ごもっともですw

そして、なこちに勧めた脚本。

「妊娠するぅぅぅ!」と言っていたことからして、かなり卑猥なセリフを言わせようとしていたにちがいない(^_^;)

さりげなくセクハラするというすばらしさ。

さすがは官能小説家、であるw

でも・・・・・

みんちのほうは、かなり感情的になってしまっていた。

いつもなら、ぐっと我慢するところなのに。

今回に限って、どうもおかしい。

反抗期なんだろうか、って思ったんだけど。

あれは明らかに、みんちが悪い。

というより、みんちがホビロンだった。

挙句の果てには、「徹さんと付き合って!」と。

女の嫉妬というものは、なかなか怖いものだと思う(^_^;)

徹さんは気づいていないようだけど、蓮さんはちゃんと気づいているようで。

まあ、シブいところが蓮さんのいいところ、なんだけどね♪

そんなとき、崇子さんが急に「この話はなかったことに・・・」と言い出すという!

そして、女将さんの回想シーン。

女将さんは仲居さんで、旦那さんは板前さんで。

跡取りのいない旅館を立て直すことに。

豆じいはそのときから一緒だったみたいねw

早い話、自分たちは結婚式も挙げられないまま一緒になった、と。

でも、息子には、結婚式をちゃんと挙げてほしい、と。

こういうことらしい。

何より、あの土下座。

「息子をよろしくお願いします」と。

今までの女将さんからは、まったく想像もできないことだった。

正直、わたしも崇子さんと同じで、とても感動してしまったのである。

だけど・・・・・

そのつもりはないよ・・・

というセリフで、涙が一気に引いてしまったのだが(^_^;)

これはいったい、どういうことなんだろう?

結婚はいいけど、旅館を継ぐのはダメ、ということなんだろうか?

みんちのことといい、女将さんのことといい。

問題が山積みな喜翠荘なのであった(^_^;)

花咲くいろは 松前緒花 扇子
花咲くいろは 松前緒花 扇子

関連商品
花咲くいろは 2 [Blu-ray]
花咲くいろは 押水菜子 手ぬぐい
花咲くいろは 鶴来民子 手ぬぐい
花咲くいろは 松前緒花 手ぬぐい
花咲くいろは 民子ホビロン扇子


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。