異国迷路のクロワーゼ その8

ここでは、異国迷路のクロワーゼ その8 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり風邪もよくなっている湯音たん。

そして今回は、かわいくおめかしして、アリスのところへおでかけしようとしているところ。

一方、クロードのほうは、昔のことを思い出している様子。

それはなんと、あのカミーユとの思い出!

「好きだけど、結婚してもお友だちよ」と。

まあ、貴族というのは、結婚相手を自由に選べないわけなので。

当時は特に、結婚相手を親が決める、政略結婚もあったわけなので。

カミーユとしては、小さい頃からそういうのが理解できていて。

「好きだから結婚しよう」じゃなく、自然とこんな言葉になったのだと思われるw

ただ・・・・・

あんなに湯音たんのことを根掘り葉掘り聞いてくるなんて。

あれも女の嫉妬、なんだろうか?

けっこうおっとり系のお姉さまタイプ、だと思っていたんだけども。

案外、言葉責め(?)がお好きなようで(^_^;)

そして、湯音たんとアリスの会話。

アリスが桃太郎のことを想像したら、なかなかシュールな感じに(^_^;)

あれはたぶん、

桃太郎というよりピーチ太郎

なんだろうw

さるかに合戦やかぐや姫など。

いろいろと昔話をしたんだけども。

アリスとしては、男がキスしてくれないと一緒になれない、とか。

女の子が男の子を選べない、とか。

とにかく、フランスでは男尊女卑になっていて、気に入らないそうである(^_^;)

不覚にも、そのあとの”ドラゴンツアー”に笑ってしまったw

でも、10歳であれほど壮大なファンタジーものを創作できようとは・・・!

将来は、ファンタジー小説作家にでもなったほうがいいと感じたw

そしていずれは、東京ビッグサイトでノベル作家としてデビューする。

・・・なんてことは、時代からして、まずありえないんだけどね(^_^;)

それにしても、カミーユの変貌がすごかった。

あれってまさしく、姑じゃないの(^_^;)

クロードが来た途端、湯音たんにも上から目線みたいになっていて。

影のつけ方もえらく怖かった(^_^;)

ヤンデレ、かな?

まあでも、結果的に湯音たんが押し切れたし。

というより、日本人大勝利、っていう感じ?

カミーユと仲良くなれたところで、新しいエンデイング。

それはいいんだけど、アリス来るの遅すぎ(^_^;)

それに、クロードの扱い方もひどすぎたし(^_^;)

個人的には

クロードは空気

としか思えないほどひどかったんじゃないかと感じる(^_^;)

クロードって、何か悪いことをしたっけ?

とか思っていたら、次回予告。

次回のお話も、過去編らしい。

そして、カミーユが病んでいく過程が描かれているようだ(^_^;)

気になるけど、あんまり見たくはないような。

どうもそんな気がしているところであるw

異国迷路のクロワーゼ お守り 湯音 -良縁成就-
異国迷路のクロワーゼ お守り 湯音 -良縁成就-



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。