キュアシンフォニーが登場!?

ここでは、キュアシンフォニーが登場!? に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までずっと、仮面で素顔を隠してきたキュアミューズ。

しかしついに、第35話でその素顔が明らかに!

・・・と、今月号のメガミマガジンに書かれていた(^_^)

10月9日放送の第34話で、マイナーランドの王・メフィストが襲撃してきて。

ずっとおバカキャラだったので、それほど脅威にはならないだろうと思っていたのだけれど。

さすがは王様。

圧倒的な力の前に、3人のプリキュアたちは手も足も出ないのだという!(゚□゚;)

そんなプリキュアたちのピンチに登場するのが、やはりキュアミューズ。

そしてついに、その仮面を取り去る、ということだった。

もっとも、しつこいようだけど。

今まで

キュアミューズ=キュアシンフォニー=アコちゃん

とお伝えしてきたわけだけども。

ではどうして、キュアミューズが素顔をさらさなかったのか?

これについて考えていこうかと思う(^_^)

いろんな方のブログを見てきたら、なかなかおもしろいことに遭遇した。

特におもしろいと感じたのは

キュアミューズ=セイレーン

という説。

もっともこれは、キュアミューズの前にセイレーンがいたわけなので、思いっきりまちがいじゃないか、と指摘されるかもしれない。

しかし、セイレーンはセイレーンでも、未来からやって来たセイレーン、という考えである。

何らかの理由で、現在では解決不可能な状況が発生してしまって。

歴史を変えるために未来からやって来た、というわけ。

そういうわけなので、プリキュアたちの前では正体を明かさぬようにと、仮面を被っているのだけれど。

これまた、何かしらのイレギュラー(メフィストが現れた?)が発生して、正体を明かさざるを得なくなった、と。

こういう説である。

早い話が、『フェイト/ステイ ナイト』の衛宮士郎とアーチャーの関係、だよね。

また、こういう説もある。

キュアミューズ=キュアブロッサム

タイトルの”スイート”は、”一続きの”という意味。

これに着目した説である。

つまり、前作のプリキュアと今作は、実は関連性がある、と。

メガミマガジンでも、「ミューズの声に注目しよう!」みたいなことが書かれていたので、可能性はゼロじゃないことだろう(^_^)

スイートプリキュア♪(2) なぞの プリキュア、キュアミューズ (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))
スイートプリキュア♪(2) なぞの プリキュア、キュアミューズ (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))
講談社

関連商品
スイートプリキュア♪(3) さいきょうの わざ、かんせい! (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))
スイートプリキュア♪(1) おんがくの プリキュア とうじょう! (講談社のテレビ絵本 1501)
スイートプリキュア♪(4) きせきの プリキュア、とうじょう! (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))
映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花 (講談社のテレビ絵本 1502)
スイートプリキュア♪ おはなしブック! まるごとキュアビート! (講談社MOOK)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。