C3(シーキューブ) その4

ここでは、C3(シーキューブ) その4 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春亮くんの「フィアとこのはは人間じゃない」という話を聞いた錐霞ちゃん。

でも、まったく動じてはいないようだ(^_^;)

まあ、あれだけのものを見せられると、かえって信じざるを得なくなるというもの。

フィアたんも落ち着いてきたことだし。

ま、いっか(^_^)

ってなっていたところへ、マミーメーカーが登場!

どうでもいいけど、逆さま立ちなのはもちろん。

勝手にやって来ておきながら、取り引きとはこれいかに(^_^;)

すぐにいなくなって、ほっとしたところなんだけれども。

錐霞ちゃんも、とんでもなくおそろしい目つきで話していたし。

このはちゃんも

死んでください

なんてことを言いだしているし・・・!(;゚д゚)

このアニメ、本当に呪われているんじゃないかと考えてしまう(^_^;)

そして、真剣白羽どりならぬ

ドリル真刃どり

実現不可能な技だったので、あれには笑ってしまったw

なぜかギャグ展開になりながらも、「あなたは戦うべきではない!」と。

制御不能というのなら、まあ仕方がないことかもしれない。

フィアたんの指チュパで萌え~ってなっていると、またしてもバロヲイさんが襲撃!(;゚д゚)

マミーメーカーを殺して、斧で斬りつけてくるという。

あれほど切れ味抜群な斧ならば、このはちゃんが

無理でした

というのも、もっともなことではないだろうかw

気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い・・・・・!

というバロヲイさんの言葉が気持ち悪かったw

まあ、フィアたんやこのはちゃんは人間じゃないからわかるとしても。

春亮くんのあの身体能力の高さはどうなんだろうね(^_^;)

キャラデザがよかったので、わたしはてっきり、ハートフルな学園ものとばかり考えていたのだけれど。

毎回毎回

血しぶきどくどくドクロちゃん♪

みたいな展開にドン引きしているところである(^_^;)

C³-シー キューブ- 非売品ブロマイド2
C³-シー キューブ- 非売品ブロマイド2



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。