僕は友達が少ない その10

ここでは、僕は友達が少ない その10 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣人部、活動記録。

本日、海で合宿。

という具合に、隣人部は今日も忙しいらしい。

前回のお話のとおり、星奈ちゃんの別荘で合宿、ということになったわけだけど。

駅からはえらく遠いし、暑いし。

お金持ちなら、執事さんが車で迎えに来てくれてもいいようなもの、なんだけどね(^_^;)

もっとも、理科ちゃんの場合、電車の連結部に興奮していたようだ(^_^;)

まあ、毎度のことなので、もはやどうでもよくなってきているんだけどw

で、別荘に到着して、水着に着替えて。

今回のお話はおそらく、第0話の続きではないだろうか。

普通ならば、ここですぐに泳ぐところ、なんだけれども。

理科ちゃんの提案で、あの羞恥プレイをすることに(^_^;)

というより、あれは別に羞恥プレイでもなんでもないと思う(^_^;)

理科ちゃんだけがそう言っているだけ、だと思うw

しかも、サンオイルを塗るところでは、何ともコメントしがたいような妄想を繰り広げるという・・・(^_^;)

理科ちゃんとしては

エクスカリバーーーーーーッ!

ということなんだろうなw

それにしても、星奈ちゃんのバスト、とんでもなく大きい。

夜空ちゃんは”肉の加工”とか言っていたけれども。

水着を取ってうつ伏せになったときなんか、その大きさを再認識したほどだ。

その一方で、夜空ちゃんのあの塗り方はどうかと思う。

足の裏で塗らなくても、普通に手で塗ってあげればいいのに(^_^;)

まあでも、それが夜空ちゃんの性格、なんだろうなw

水着がなぜか囚人服だし。

何より、サンオイル塗りすぎだし(^_^;)

あまりにも塗り方がひどすぎたのは、言うまでもない。

で、星奈ちゃんの胸が丸見えに!(;゚д゚)

厳密には、光で遮られて見えなかったわけだけども。

とりあえず

ド畜生外道スライム

ということなんだろうなw

ただ、すごいのは小鷹くん。

二回も星奈ちゃんの裸を見ておきながら、あの余裕の対応ぶり。

微妙に言い訳めいたものを感じたものの。

あのスルーの仕方は絶妙だと感心してしまったじゃないかw

料理もできて、心配りもできるという。

まさに最高の男の子、ではないかと思う(^_^)

そして、最後の夜は、みんなで怪談話を。

恐怖のしゅうまいとか、恐怖の味噌汁とか。

恐怖とついていても、あんまり怖くはなかったらしい(^_^;)

で、最後は夜空ちゃんの怪談話。

エア友だちから聞いた話、ということのようだ。

ヤミ子さん、えらい怖かったよね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今までのみんなのお話が、すべて吹き飛んでしまうぐらいに(゚□゚;)

おかげで、星奈ちゃんは一人でトイレに行けなくなってしまったじゃないかw

とか思っていると、ほかのみんな(理科ちゃん以外)も。

ヤミ子さんの話をした夜空ちゃん自身も行けなくなっていたようだ(^_^;)

結局、朝までずっとみんなのトイレに付き合ってあげていたので、すっかり夜が明けてしまった。

隣人部と言いながらも、みんなかなりのリア充ではないかと思ったところである(^_^)

というわけで、今回のお話は

水着回と見せかけてトイレ回

だったような気がするw

僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー 2012-01-13
売り上げランキング : 133

Amazonで詳しく見る


関連商品
僕は友達が少ない 第2巻 [Blu-ray]
僕は友達が少ない 第3巻 [Blu-ray]
僕は友達が少ない 第6巻 [Blu-ray]
僕は友達が少ない 第5巻 [Blu-ray]
僕は友達が少ない 第4巻 [Blu-ray]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。