2011年アニメの評価・レビュー その1

ここでは、2011年アニメの評価・レビュー その1 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年も残りわずかとなって来たので、今年放送されたアニメの評価・レビューをやってみたいと思う(^_^)

①DOG DAYS・・・82点

ストーリーは微妙にゆるかったけれども。

その分、キャラクターたちが美少女だったり美少年だったりと、キャラ的には満足だったかな(^_^)


②デッドマン・ワンダーランド・・・30点

正直、グロテスクな表現ばっかりで、内容としてはどうかと感じた。

あまりにグロテスクすぎて、黒いぼかしが入れられていたし(^_^;)

続編は出ないほうがいいかと思う・・・。


③俺たちに翼はない・・・85点

妹キャラやらお姉さんキャラやら、イケメンやら。

いろんなキャラが出ていたのはよかったと思う。

ただ、第10話あたりだったと思うけど、放送禁止用語を連発していたのにはドン引きだった(^_^;)


④星空へ架かる橋・・・87点

キャラデザがよくて、ゆったりとした感じのアニメだった。

ただ、あまりにもゆったりしすぎていたのが難点かな。

あと、弟くんをもう少し前面に出してほしかったかもw


⑤戦国乙女 ~ 桃色パラドックス・・・70点

いろんなところでお色気シーンがあって面白かった(^_^)

どうしてあの赤い甲冑が暴走したのか?

これだけかな、もう少し触れてほしかったところは。


⑥神のみぞ知るセカイⅡ・・・92点

『神のみ』の続編なので、どんな展開になるのかはある程度予想できたのだけど・・・

今回もいろんな属性の女の子たちが登場していて、とっても楽しめた(^_^)

さらに続編が出るのは確かなので、引き続き期待している♪


⑦GOSICK - ゴシック・・・80点

『金田一』や『コナン』に続く、いわゆる推理アニメ。

ヴィクトリカがロリータだったので、萌え要素が満載だったよね(^_^)

ただ・・・・・

トリックに無茶がありすぎ(^_^;)

そこが「う~ん・・・」ってなるところだなw


⑧日常・・・測定不能

このアニメに関しては、誰もが測定不能なことだと思われる(^_^;)


⑨電波女と青春男・・・70点

タイトル通り、電波系がテーマのアニメ。

エリオは確かに、美少女の部類に入るのだろうけど・・・

言っていることが意味不明だったのがかなりイタかった(^_^;)


⑩緋弾のアリア・・・75点

探偵もののアニメ。

ホームズとか、ルパンとか。

キャラデザはよかったけれど、キャラクターは微妙なところだったかな。


⑪あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。・・・80点

ストーリーもエンディング曲も申し分なかった。

実際に、「感動するアニメだった」という感想も多かったようだしね。

ただ・・・・・

ゆきあつが女装しているシーンにはドン引きしてしまったので、マイナスかな・・・(^_^;)


⑫そふてにっ・・・50点

ソフトテニス部の話ではあったのだけど・・・

実際には、意味不明な練習試合が満載だったような気がする(^_^;)

おまけに、OVAでは、みんなの入浴シーンが無修正で放送されていたし!(;゚д゚)

けっこうブレまくりなアニメだったw


・・・という感じで、評価してみた。

全部で4回になると思うので、よろしくね♪


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。