ジュエルペット・サンシャイン 第41話

ここでは、ジュエルペット・サンシャイン 第41話 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブラの試練 イェイッ!

ジュエリーナ様のような魔法使いになりたいと言うラブラに対して。

サンシャイン学園へやって来ているジュエリーナ様である。

その目的は、ラブラが魔法使いにふさわしいかテストしに来た、と。

さっそく、観客&テレビ局が大勢押しかけてきている。

さすがはジュエリーナ様、である(^_^)

ルナと対戦したわけなんだけど・・・・・

ほうきで空を飛ぶテストも、花を咲かせるテストも、魔法力の強さを測るテストも。

すべて想定内の結果だったw

というより、ラブラの魔法は全部、制御が利かないみたいね(^_^;)

まあ、まだ赤ん坊なので、仕方がないのかも。

そして、ジュエリーナミラー。

自分の願いを映し出す鏡、なんだそうな。

実際に使ってみると、あんな大変なことに・・・!(;゚д゚)

ラブラの性格をよく映し出している鏡、と言えなくもないところだろうけれど。

説明書ぐらい読もうよ、ラブラ・・・(^_^;)

もっとも、エンジェラも同じようなキャラなので、”愛のムチ”はどうかと思うw

何とか無事解決して、皿洗いからのスタートで。

ラブラとしては、なかなかいい結果だったんじゃないだろうか(^_^)

それにしても、ラブラって、実はかなり強い魔力を持っているようね。

ジュエリーナ様も、そのことを心配しているようだったし・・・。

何かヤバいことが起きなければいいんだけどね。

ひみつの御影くんイェイッ!

花音様と御影くんが駆け落ちしたお話の続き。

花音様が御影くんに近づこうとすると、あのダンディーなおじさんがすべて妨害(^_^;)

どうやら、花音ママの指示で、ダンディーさんが妨害しているようである。

それにしても、チターナの”あんにゃろ”って・・・(^_^;)

まあ、こんな感じで、チターナの御影調査が開始!

ストレスありまくりな御影くんに、食欲ガッツリなルビー。

まあ、それはいいのだけど。

チターナ、御影くんの実家の家探しをしたみたいね(^_^;)

こうなってくると、もはや探偵というより泥棒、という感じであるw

ただ・・・・・

チターナが言うように、御影くんに何かしらの問題があることだけはまちがいなさそう。

実際に、最後のあの写真。

花音様と御影くんの幼い頃の写真、だったのだけども。

どうして一緒に写っているのだろう?

ロリ花音様、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

というツッコミはなしにしても。

これはもしかすると、実は血のつながった家族、ということではないだろうか?

どうやら、わたしの予想は当たっていたようだ。

しかし、こんな重たいテーマを、わざわざ朝のアニメに使ってくるとは・・・。

しかも、児童向けアニメで(^_^;)

サンリオが悪いのか、それとも作者が悪いのかはよくわからないが・・・・・

忘れたころに続きを放送、というのがこの作品の良さ(?)なのだろう、きっとw

で、次回はエンジェラのターン。

今まであったように、またバイクに変身するらしい。

どうでもいいんだけど、エンジェラの作者って、バイクになることを前提で描いたのだろうか?

まあ、さくらんちゃんのように、食べられるのよりかはずっとマシ、だとは思うけどね(^_^;)

ジュエルペット ぬいぐるみS ペリドットジュエルペット ぬいぐるみS ペリドット




※ただ今ブログランキングに参加しています。

クリックしてくれると管理人が感激します♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへ


コメント
この記事へのコメント
伏線張りまくりですな
今週は珍しく(?)シリアス回でした。
多くは語られてませんが、白石家と水城家は何かあるので間違いないでしょうね。
ママの不倫とか色々囁かれてますけど、果たして?
2012/01/15(日) 17:31 | URL | 火鳥 #pprjMJPo[ 編集]
火鳥さんへ
チターナは大変でしたけど、収穫は大きかったようですね。

それにしても、あの写真はやはり、そういうことなのでしょうか?

ほかの方のブログでは、「あれはミスリードで、もっと複雑なことがあるのかも」と書かれている方もありました。

今までの内容があんな感じだったので、ありえなくもないなと感じてしまうところがすごいところですよねw
2012/01/15(日) 17:50 | URL | 柚原10 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。