Another 第10話

ここでは、Another 第10話 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ 警告です

  このアニメには、ただならぬ表現が含まれています

  ご視聴の際には、自己責任でお願いします


またあの、ひそひそ話。

第1話の冒頭でもあったよね。

そして、赤沢さんのあの回想シーン。

あれはまちがいなく、怜子さんのお葬式のときに、恒一くんに出会った時のもの、なのだろう。

で、合宿になったわけだけども。

問題なのは、あのテープの続き。

殺した相手の名前のところが途切れていて、ものすごく不自然だった(^_^;)

たとえテープといえども、”死者”に関することはすべて削除される、っていうこと?

死者を死に返せ

か・・・。

つまり、”死者”である怜子さんを・・・っていうこと、なのかな?

生徒は喘息で倒れるし、電話はつながらないし。

事態はますます、最悪の方向へと向かっているように感じる。

鳴ちゃんに”死者”がわかるというのなら、早いところあの目でみればいいのに。

と思っていると、すでにわかっているみたいね(^_^;)

恒一くんが聞こうとしたら、勅使河原くんが駆け込んでくるという。

次回予告では、また惨劇が発生するみたい。

まあ、先生のあの笑いからもそうだし。

何より、サブタイトルが惨劇だったし。

次回でついに、”死者”の存在が明らかになるだろうな。

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
清原 紘

関連商品
Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)
Another(上) (角川スニーカー文庫)
Another(下) (角川スニーカー文庫)
Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)
Another (2) (角川コミックス・エース 170-6)



※ただ今ブログランキングに参加しています。

クリックしてくれると管理人が感激します♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。