Anotherの第11話の感想

ここでは、Anotherの第11話の感想 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Another』の第11話、とんでもなくすさまじいいものだったよね。

もちろん、惨劇だったんだけども。

ある意味、『スクールデイズ』や『エルフェンリート』と同列ではなかっただろうか(^_^;)

足をつかむシーンでは、思わずドキッとしてしまった。

もっとも、『エルフェンリート』の頭が吹っ飛ぶシーンよりかは、まだマシだったのだけどね(^_^;)

それにしても、今回の死人の数はすごかった。

何人死んだのかよくわからないほどに多かったよね(^_^;)

赤沢さんがあんな形相をするのは、まあわからなくもないけれど。

小椋さんと杉浦さんまでもが、あんなおそろしい形相になろうとは・・・!(;゚д゚)

正直

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

だった方が多いのではないだろうか?

美少女がまさかの変身、みたいな。

どうもそんな感じのお話だったかと思う。

ただ、疑問だったのは2つ。

1つは、管理人のおばさん。

どうして、あんな惨劇を引き起こしたのだろう?

確かに、杉浦さんが流した放送が原因と考えられなくもないけども。

でもそれだけでは、あのイカレ具合は説明できていない。

その部分が、どうも不自然ではなかっただろうか?

そして、三神先生。

刺されたとき血が流れていたので、あれは死んでいたんじゃないかと思うんだよね。

かなり微妙なシーンではあったけど、どうなんだろう?

たとえ生きていたとしても、顔がぐちゃぐちゃになっていそうな気がするんだよね・・・。

次回はついに、”死者”が判明するようだ。

ただ、個人的に思うことは・・・・・

最終話で”死者”が判明しても、あまりにも多くの人間が死に過ぎているので。

そんなに意味はないかな、と思ってしまうんだよね・・・(^_^;)

Another
Another
綾辻 行人

関連商品
Another(下) (角川スニーカー文庫)
Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 (カドカワコミックスAエース)
フリークス (角川文庫)
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
時計館の殺人 (講談社文庫)



※ただ今ブログランキングに参加しています。

クリックしてくれると管理人が感激します♪

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。